メルカリ&ラクマ同時出品!どっちが売れる?出品時の注意点も解説!

断捨離しよう!とフリマアプリメルカリラクマに同時出品しました。

今回は、メルカリとラクマではどちらが売れるのか?最終的な売上金に影響する手数料や送料、同時出品をする際の注意点についてまとめてみました。

手元にあるアイテムを早めに売ってしまいたい!売り切りたい!と思っている方には同時出品がおすすめ。

メルカリ・ラクマでの同時出品を考えている方や、同時出品って大丈夫なの?と不安に思っている方の参考になれば嬉しいです。

この記事書いてるのはこんな人!
  • フリマアプリ利用歴7年以上
  • ラクマでは出品・購入合計500件近いお取引をしているフリル時代からの古株ユーザー
  • 浪費癖を治したい。新品未使用のままフリマアプリに出品することも…
saya

フリマアプリ大好き!ラクマメイン、メルカリサブで利用してます♪

目次

メルカリ&ラクマで同時出品!売れやすさはメルカリに軍配!

売れやすさという点ではメルカリに軍配があがりました!

ラクマに比べるとメルカリの方が利用しているユーザー数が倍近く多いことが理由であると考えられます。

単純に出品した商品が目に触れる機会も多いため、メルカリに軍配が上がるのも当然の結果かなと思います。

私は約1週間で、以下の商品を出品して売ることができました。

タイミング・価格ともに同一で出品しています。

商品売れたアプリ
大手メーカー美顔器メルカリ
ブランド物の名刺入れメルカリ
人気メーカー美顔ローラーラクマ
人気ブランドコーヒーメーカーメルカリ
大手メーカー電子レンジ・オーブンメルカリ
大手メーカー顔用スチーマーラクマ
教養ジャンル書籍メルカリ

売り切ることができた7商品のうち、半数を超える5商品がメルカリでした。

※メルカリ・ラクマともに値下げ交渉があり、可能な範囲で値下げ要望に応じています。

メルカリ・ラクマを問わず、フリマアプリでは値下げ交渉が頻繁に行われます。
コメント欄に値下げ要望の書き込みがあったら、可能な範囲で応じるようにしています。
大幅な値下げ交渉やマナーのないコメントをしてくるユーザーの方も一定数居るので、そういった場合はきちんとお断りすることも大切です。

最終的な売上金は、販売手数料と送料を引いた額!

出品した商品が売れると売上金をアプリ上で受け取ることができますが、実際に手元に残る売上金は販売手数料送料を引いた額となります。

ここでは、メルカリとラクマの販売手数料・送料をご紹介します。

メルカリ・ラクマでは着払いなど送料別(送料購入者負担)で商品を出品することもできますが、売れにくくなる可能性が高いため、送料込(送料出品者負担)での出品をおすすめします。

メルカリとラクマの販売手数料

メルカリ・ラクマの販売手数料は以下の通りで、取引が成立すると売上金から引かれる仕組みです。

アプリ名販売手数料
メルカリ10%
ラクマ6%+税
フリマアプリの販売手数料(2021年3月時点)

例えば10,000円で出品している商品が購入された場合、メルカリでは1,000円、ラクマでは660円の販売手数料が引かれます。

販売手数料はラクマの方が低く、出品金額が大きいものほど引かれる販売手数料は大きくなります。

メルカリとラクマの送料

出品者側が送料を負担する場合、売上金から送料を引いた額が最終的に手元に残る金額です。

メルカリのらくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便、ラクマのかんたんラクマパックのサービスを利用すると、送料はアプリ上で売上金から引かれる仕組みです。

出品する商品によってサイズや規定により発送できる方法は異なりますし、それによって送料も大きく変わります。

できるだけ送料を抑えるためには商品ごとに発送方法を変えることが大切です。

各サービスを利用した際の送料は下記の通りです。

らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)送料
ネコポス
※A4サイズ・厚さ3cm・重さ1㎏以内
一律175円(税込)
宅急便コンパクト
※縦横高さ60サイズ未満
一律380円(税込)
※専用箱別途70円(税込)
宅急便
※縦横高さ60~160サイズ以内、最大25㎏まで
700円~1,600円(税込)
らくらくメルカリ便 送料(2021年3月時点)

●メルカリらくらく便利用で通常送料より最大69%オフ
●宛名書き不要で配送・匿名配送可能
●宅急便コンパクト・宅急便は集荷(+30円/税込)対応有
●配送状況確認・配送サポート有
●ヤマト営業所・セブンイレブン・ファミリーマート・宅配便ロッカーPUDOに持ち込みで発送可能

ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)送料
ゆうパケット・ゆうパケットポスト
※A4サイズ・厚さ3cm・重さ1㎏以内
一律200円(税込)
※ゆうパケットポスト専用箱別途65円(税込)
ゆうパケットプラス
※厚さ7cm・重さ2㎏以内
一律375円(税込)
※専用箱別途65円(税込)
ゆうパック
※縦横高さ60~100サイズ以内、最大25㎏まで
700円~1,000円(税込)
ゆうゆうメルカリ便 送料(2021年3月時点)

●宛名書き不要で発送・匿名配送可能
●ゆうパケットポストは郵便ポストから発送可能
●配送状況確認・配送サポート有
●郵便局・ローソンに持ち込みで発送可能

かんらんラクマパック(ヤマト運輸)送料
ネコポス
※A4サイズ・厚さ3cm・重さ1㎏以内
一律200円(税込)
宅急便コンパクト
※専用薄型BOX:A4サイズ以内
※専用BOX:20cm×25cm・厚さ5cm以内
一律530円(税込)
※専用箱別途70円(税込)
宅急便
※縦横高さ60~160サイズ以内、最大25㎏まで
800円~1,500円(税込)
かんたんラクマパック(ヤマト運輸) 送料(2021年3月時点)

●宛名書き不要 ※匿名配送はできません
●配送状況確認・配送サポート有
●ヤマト営業所・ファミリーマートに持ち込みで発送可能

かんたんラクマパック(日本郵便)送料
ゆうパケット
※A4サイズ・厚さ3cm・重さ1㎏以内
一律179円(税込)
ゆうパック
※縦横高さ60~170サイズ以内、一律25㎏まで
700円~1,500円(税込)
かんたんラクマパック(日本郵便) 送料(2021年3月時点)

●宛名書き不要・匿名配送可能
●配送状況確認・配送サポート有
●郵便局・ローソンに持ち込みで発送可能

メルカリ・ラクマが提供する発送サービスの他にも、日本郵便の定形外郵送クリックポストなど、発送方法はさまざま。

※定形外郵送やクリックポストはご自身で送料を支払うことになるため、売上金から送料は引かれません

メルカリでは上記でご紹介した発送サービスの他にも、梱包・発送を一括して頼むことができるたのメル便や、売れるまで商品を倉庫に保管し、売れたら梱包・発送を行ってくれるあとよろメルカリ便のサービスを行っています。

それぞれの商品に合った発送方法を選ぶことで、出来るだけ送料を抑えた発送が可能です。

たくさん商品を出品するのに、それぞれの発送方法を確認するのは大変…
ましてや同時出品だと、メルカリもラクマも確認しなきゃいけないの?!
そんなとき私は、出品の段階では発送方法を未定に設定しています。
未定を選んでおくことで、商品が売れたタイミングで発送方法を確認し、選択することが可能です。
※ただし、取引後の設定の場合匿名発送が利用できなくなる可能性もあるため注意が必要です

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

メルカリ&ラクマで同時出品する際の注意点

ここでは、メルカリ・ラクマで同時出品する際の注意点についてご紹介します。

そもそも同時出品はOKなのか?

メルカリ・ラクマいずれの利用規約にも、同時出品を禁止する文言は記載されていません。

メルカリには同時出品を禁止する内容が利用規約に盛り込まれていたことがありますが、現在(2021年3月確認時点)は変更されており、同時出品が可能となっています。

ただし、メルカリの利用規約には下記の記載があります。

同じ商品を他社のサービスやその他の方法によって二重に出品することにより、お客さま間でトラブルを引き起こすと思われるもの

メルカリ 禁止されている行為 メルカリ事務局で不適切と判断される行為 より引用

同時出品自体を禁止してはいませんが、同時出品によりトラブルを引き起こしてしまった場合、規約違反となる可能性があるため注意が必要です。

以下で紹介する購入申請機能を利用することで、トラブルを避けた取引ができます。

ラクマの「購入申請」機能を活用する

メルカリ・ラクマで同時出品する際は、必ずラクマの購入申請機能を利用するようにしましょう。

購入申請機能とは、購入希望者による申請を出品者側が承認してお取引がスタートする機能です。

メルカリには購入申請機能がなく、購入者が購入手続きをしたらすぐにお取引がスタートします。

万一いずれのアプリでも購入希望者が見つかった場合、ラクマの購入申請機能を利用しておくことでお取引開始前に出品を停止することができます。

お取引は開始されていない状態なので、トラブルが発生する恐れもありません。

メルカリで購入された商品のお取引をキャンセルすることも可能ですが、メルカリのマナーガイドには購入者への迷惑行為の一つとして以下のように記されています。

自己都合により取引をキャンセルすること

メルカリ マナーガイド 取引における迷惑行為について より引用



場合によっては警告や利用制限措置を受ける可能性があるため、メルカリでの取引キャンセルは極力避けた方が良いと言えます。

ラクマについては、以下の記事でもご紹介しています。

商品が購入されたら迅速に対応する

メルカリ・ラクマいずれかで商品が購入されたら、商品の出品停止・削除の迅速な対応を心がけましょう。

メルカリで商品が売れたらラクマの出品を取り下げ(削除)、ラクマで商品が売れたらメルカリの出品を取り下げ(削除)ます。

ラクマで商品が売れた場合は、メルカリの出品を取り下げてから購入申請を承認するとより安心です。

人気が高く需要のある商品を同時出品すると、どちらのアプリでも購入される、あるいは購入申請が入るというのは十分に起こり得ます。

お仕事などタイミングによっては難しいこともあるかもしれませんが、可能な限り迅速な対応を心がけることが大切です。

まとめ

今回はメルカリとラクマの同時出品についてご紹介しました。

約1週間同時出品を行った結果、メルカリで5つ、ラクマで2つの商品を売ることができました。

ユーザー数が多いこともあり、メルカリの方が売れやすい印象がある一方で、メルカリでは反応の薄かった商品がラクマで売れることも。

同時出品には注意するべき点もありますが、手元にある商品を早く売ってしまいたい!売り切りたい!と思っている人には同時出品がおすすめです。

同時出品は大変そう!という方は、まずはメルカリに出品して様子を見てみるのも良いかもしれません。

ぜひ試してみてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です★
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住のアラサー派遣OLブロガー
足元を固めて自由になることを目標にブログや副業を頑張っています!

コメント

コメントする

目次
閉じる