【ボートレース住之江】特徴や傾向は?アクセス・指定席・グルメ情報

この記事では、ボートレース住之江の特徴や傾向、アクセス・指定席・グルメ情報・おすすめ動画をご紹介します。

住之江以外のボートレース場情報を知りたい!という人は【全て分かる】ボートレースのレース場一覧、特徴、初開催日まとめをご覧ください。

目次

【ボートレース住之江】特徴や傾向

ボートレース住之江は大阪府大阪市にあるボートレース場です。

常に多くのボートレースファンで賑わいを見せていることから「ボートレースのメッカ」「ボートレースの聖地」と呼ばれています。

年末グランプリや海の日恒例のオーシャンカップをはじめとする重賞レースを数多く開催。


インコース勝率上位のボートレース場には及ばないものの、ボートレース住之江もインコース勝率は高く、レースのスタート・ゴール時に噴水が上がるのが特徴です。

水質は工業用水を利用した淡水で、静水面・硬い水質と2マーク付近で引き波が発生することからイン逃げに限らず幅広い決まり手が発生しやすい水面でもあります。

兵庫県尼崎市にあるボートレース尼崎と近接しており、昼は尼崎・夜は住之江とハシゴをすることも可能です。

2006年7月以降、ナイター開催のボートレース場となっています。

住之江と言えばこの選手① 松井 繁選手

数々の名選手を輩出する大阪支部の中でも近畿地区の絶対的エースとして君臨し、絶対王者の異名を持つ松井繁選手。
2011年には年末開催されるグランプリで2着となり、公営競技で史上初となる生涯獲得金額30億円突破を果たしました。
SGレースでの優勝こそ2014年以降ないものの、現在も安定的な艇運びでボートレースファンを魅了しています。

saya

重賞レースの優勝戦に当たり前に乗っているイメージ…流石絶対王者!

住之江と言えばこの選手② 湯川 浩司選手

1999年11月に地元・ボートレース住之江でデビューし、デビュー初日に初勝利を飾った湯川浩司選手。
2002年に初優勝を挙げて以降、同期(85期)である田村隆信選手・井口佳典選手・森高一真選手らと銀河系軍団と呼ばれて注目を浴びます。
どのコースからでも高い勝率を誇る自在戦を得意とし、安定感のある走りを見せてくれる選手の1人です。

saya

どのコースから走っていても、中々外せない…!

【ボートレース住之江】アクセス

ボートレース住之江は大阪府大阪市住之江区にあるボートレース場です。

〒559-0023
大阪府大阪市住之江区泉1-1-71

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住のアラサー派遣OLブロガー
足元を固めて自由になることを目標にブログや副業を頑張っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる