【ボートレース住之江】特徴や傾向は?アクセス・指定席・グルメ情報

この記事では、ボートレース住之江の特徴や傾向、アクセス・指定席・グルメ情報・おすすめ動画をご紹介します。

住之江以外のボートレース場情報を知りたい!という人は【全て分かる】ボートレースのレース場一覧、特徴、初開催日まとめをご覧ください。

目次

【ボートレース住之江】特徴や傾向

ボートレース住之江は大阪府大阪市にあるボートレース場です。

常に多くのボートレースファンで賑わいを見せていることから「ボートレースのメッカ」「ボートレースの聖地」と呼ばれています。

年末グランプリや海の日恒例のオーシャンカップをはじめとする重賞レースを数多く開催。


インコース勝率上位のボートレース場には及ばないものの、ボートレース住之江もインコース勝率は高く、レースのスタート・ゴール時に噴水が上がるのが特徴です。

水質は工業用水を利用した淡水で、静水面・硬い水質と2マーク付近で引き波が発生することからイン逃げに限らず幅広い決まり手が発生しやすい水面でもあります。

兵庫県尼崎市にあるボートレース尼崎と近接しており、昼は尼崎・夜は住之江とハシゴをすることも可能です。

2006年7月以降、ナイター開催のボートレース場となっています。

住之江と言えばこの選手① 松井 繁選手

数々の名選手を輩出する大阪支部の中でも近畿地区の絶対的エースとして君臨し、絶対王者の異名を持つ松井繁選手。
2011年には年末開催されるグランプリで2着となり、公営競技で史上初となる生涯獲得金額30億円突破を果たしました。
SGレースでの優勝こそ2014年以降ないものの、現在も安定的な艇運びでボートレースファンを魅了しています。

saya

重賞レースの優勝戦に当たり前に乗っているイメージ…流石絶対王者!

住之江と言えばこの選手② 湯川 浩司選手

1999年11月に地元・ボートレース住之江でデビューし、デビュー初日に初勝利を飾った湯川浩司選手。
2002年に初優勝を挙げて以降、同期(85期)である田村隆信選手・井口佳典選手・森高一真選手らと銀河系軍団と呼ばれて注目を浴びます。
どのコースからでも高い勝率を誇る自在戦を得意とし、安定感のある走りを見せてくれる選手の1人です。

saya

どのコースから走っていても、中々外せない…!

【ボートレース住之江】アクセス

ボートレース住之江は大阪府大阪市住之江区にあるボートレース場です。

〒559-0023
大阪府大阪市住之江区泉1-1-71

最寄り駅は大阪メトロ四つ橋線「住之江公園駅」で、北改札2号出口から徒歩3分程です。

大坂の中心部である梅田・なんばからもアクセスしやすく、西梅田駅から住之江公園駅までは直通で20分、なんば駅から住之江公園駅までは直通15分。


レース場周辺に2カ所の駐車場(タイムズBOAT RACE住之江第1(東)、タイムズBOAT RACE住之江第2)があり、220台収容可能です。

自転車・バイクを置く駐輪場もあります。

【ボートレース住之江】一般席・指定席

ここでは、ボートレース住之江の一般席・指定席についてご紹介します。

一般席

一般席でボートレースを観戦する場合の入場料は100円。

水面際のスタンド席やセンターに位置するデッキにあるテラス席での観戦を楽しむことができます。


迫力のあるレースをガッツリ見たい場合は1階南スタンドの1マーク付近での観戦がおすすめです。

一方、1階北スタンド側では出走や進入、スタートを見ることができる貴重なスポット。

声援が届きやすく、選手の表情を観察したい!というマニアックなファンにおすすめです。

指定席

ボートレース住之江の指定席は3階・4階フロアにあり、様々な座席が用意されています。

座席タイプにより、料金は異なります。

座席タイプ本場開催時場外開催時ポイント
Mシート(80席)2,500円/1人2,000円/1人ファーストクラス感覚のシングル席(水面観戦不可)
Sシート(110席)2,500円/1人2,000円/1人ゆったりとしたシングル席(一部座席にタブレットも設置)
Aシート(182席)2,000円/1人1,500円/1人モニターを備えたペア席(ナイター割引あり)
Aワイドシート(8ペア)4,000円/ペア3,000円/ペア2名まで利用可能なモニター完備のペア席(ナイター割引あり)
Bシート(196席)1,500円/1人モニター完備のリーズナブルなペア席(ナイター割引あり)
Bペアシート(16席)2,500円/ペアモニター1台を備えたリーズナブルなペア席(ナイター割引あり)
エコノミーシート(46席)1,000円/1人スタート側にあるリーズナブルな座席
BOXシート(6BOX)6,000円/1BOX最大6名で利用可能な対面掘りごたつ使用の座席
指定席料金表(2021年8月時点)

このほかにも、2~4名の小グループや、最大42名まで大人数グループで利用できるグループルームがあります。

【ボートレース住之江】グルメ

ボートレース住之江のグルメといえば、住之江ホルモン塩やきそば

ホルモン焼きやたこ焼きもリーズナブルな価格で楽しむことができます。


有料席エリアには「かちふね」というレストランがあり、かちふね定食やレーサー定食といったボートレース場ならではの定食が楽しめます。

【ボートレース住之江】併設されている施設

ボートレース住之江には、ボートパーク住之江(外向販売所)・ボートバウ(早朝前売販売所)が併設されています。

直接レースを観戦することはできませんが、入場料無料で利用することができます。


予想を中心としたミニFMラジオ番組を生放送しているアクアライブステーションや、様々な催しを実施する中央ホールなどイベント施設も充実。

開放感のある屋外の休憩スペース・芝生広場には大時計が展示されています。

【ボートレース住之江】おすすめ動画

ボートレース住之江に関連する、おすすめYouTube動画をご紹介します。

ういちの一人舟は、YouTube JLCレジャーチャンネル ボートレース専門チャンネルで公開されている動画です。

パチスロライターのういちさんが全国24ヶ所にあるボートレース場をまわりながら、初心者にもわかりやすくボートレースを(ういちさんの見解で)解説しています。

レース場の特徴やポイント、グルメについても語っているのでボートレース住之江について知りたい!という人はぜひ視聴してみてください。

住之江編は全4回です。

住之江のおすすめビューポイントを解説しています

おすすめスポットとしてウイニングラン専用ボート展示を紹介しています

住之江ホルモン塩やきそばを実食紹介しています

有料席で楽しめるパーティープランの紹介をしています

ボートレースの番組をもっとたくさん楽しみたい!という人にはスカパー!のレジャーチャンネルがおすすめ。

スカパー!で放送されているレジャーチャンネルでは各地で開催されている重賞レースをはじめ、ボートレースの知識や舟券購入に役立つ情報番組が多数。

ういちの一人舟動画内で触れていた「ブラマヨ吉田とういちの男舟」もスカパー!で放送されていた人気番組です。

>>スカパー!に申し込んでレジャーチャンネルを視聴する

まとめ

今回は、ボートレース住之江の傾向や特徴、アクセスや指定席、グルメ情報、おすすめ動画についてご紹介しました。

多くの重賞レースが開催される、ボートレースのメッカ・住之江。

有料席の一部は事前にネットや電話で予約することも可能です。


他のボートレース場も知りたい!という人は【全て分かる】ボートレースのレース場一覧、特徴、初開催日まとめをご覧ください。

いつか24場全てに足を運びたいと思っています!

最後までおよみいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住のアラサー派遣OLブロガー
足元を固めて自由になることを目標にブログや副業を頑張っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる