【ボートレース平和島】特徴や傾向は?アクセス・指定席・グルメ情報

この記事では、ボートレース平和島の特徴や傾向、アクセス・指定席・グルメ情報・おすすめ動画をご紹介します。

平和島以外のボートレース場情報を知りたい!という人は【全て分かる】ボートレースのレース場一覧、特徴、初開催日まとめをご覧ください。

目次

【ボートレース平和島】特徴や傾向

東京都内にあるレース場(平和島・江戸川・多摩川)の中では最大の売上高を上げており、SGレースや年末のグランプリなど、重賞レースも度々開催されているボートレース平和島。

周辺には大型マンションが立ち並んでいて、レースコースが風の通り道になるため、水面は穏やかですが季節によって変わる風向きがレースに影響を与えます。

1マークが狭く旋回しずらいことから、1コースの勝率が平均を下回るレース場の1つです。

1コースが有利と言われるボートレースですが、モーターが良ければコースを問わず勝つことができると言われています。

春から夏にかけては追い風(南風)でダッシュ勢が、冬は向かい風(北風)でダッシュ勢が有利になるのも平和島のポイントです。

平和島と言えばこの選手① 永井彪也選手

東京支部のイケメンといえばこの人!
2019年12月に住之江で行われたグランプリではSGレース初の優出も果たすなど、容姿だけではなく実力も兼ね備えた選手で、重賞レースタイトルも期待されています。
記念すべきデビュー戦がボートレース平和島だった永井選手。師匠は中野次郎さんです。

saya

ボートレーサーは本当にイケメン多いんだよね…♪

平和島と言えばこの選手②福来剛選手

平和島はもちろん、江戸川でもよく見かけるA1選手。
2020年3月にボートレース平和島で開催されたボートレースクラシックではSGレースで初勝利・初優出を果たしました。
さわやかで優しそうな顔立ちをされています。イクメンとしても有名。

saya

江戸川をよく走っている選手は無条件で愛着があります(笑)

【ボートレース平和島】アクセス

ボートレース平和島は東京都大田区平和島にあるボートレース場です。

住所:東京都大田区平和島1-1-1

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住のアラサー派遣OLブロガー
足元を固めて自由になることを目標にブログや副業を頑張っています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる